懐かしの一品-01

 石油ストーブ

 往年の皆さんなら、よくご存じの登山用の石油ストーブです。
 燃料は、白灯油です。
 リックの中で灯油がこぼれたりすると、その匂いと後始末がいやでした。
 この他にガソリンコンロも使われていましたが、こちらはプレヒートが不十分だと、火災の危険性がありました。

  この石油ストーブは、珍しいドイツ製(Petro-Max

    

                      (永澤−蔵)

 

 懐かしの一品 −02

コッフェル
オールアルミ製。
学生時代に、アルバイトして買いました。
とても嬉しかった。
ヤカンはお湯を入れすぎると、湧いた際に継ぎ目から吹きこぼれた。
カシメてあっただけですね。

先日の山行で、会の代表のコッヘルが「チタン製?」なので驚いた。
軽くて、堅牢。へこみひとつ発生しない。

 このコッフェルは、エバニュー製(いつまでも新品という意味?)
 この他に「東京TOP」という会社も、ありました。


   

                         (永澤−蔵)

 

 懐かしの一品 −03

キャラバンシューズ
 いまでも、この名前は残っています。
しかし、このような「ビニル製」のシューズは珍しいでしょう。

数十年ぶりのハイキングにまた使っています。
本格的革靴の方は、皮が硬質化してしまい処分しましたが、こちらは健在でした。
オリジナルの丸紐は、歩いていても解けやすいので、この平紐に変えました。

底に金属のすべり止め金具が付いていて、アスファルト道路を歩くと、
「カチカチ」と音が出ます。
 このシューズは、Onituka(Himaraya)製
 

   

                         (永澤−蔵)

 

 懐かしの一品 −04

キスリング
 かつての「山屋」さんなら、どなたもご存じの山岳用リュックサック。
メーカも色々。サイズも、大・中・小ありました。

湯島の「片桐」なんて、尊大な店主のお店からも、出していました。

1960年代は、本州の大学生が、夏休み期間にこの「キスリング」を背負って、
周遊券(一ヶ月間有効)を使って北海道を旅していました。
列車の通路では、横にならないと歩かれなかった。
そのため、当地では「カニ族」と呼ばれていました。
 これは水道橋にあった「ヒノデヤ」で購入したモノ(中=66cm) 
 ¥5,300円
 

   

                         (永澤−蔵)

 

 懐かしの一品 −05

ワカン
 冬山の深雪期のラッセルの際に威力を発揮する。
輪状の「かんじき」ですね。
現在は、軽量アルミで、より使いやすいものが出来ています。


  
   

                         (永澤−蔵)